金属加工面検査

切削加工した際に、金属加工表面に出てくる欠陥や傷を見つける検査装置です。

スリットレーザー光照射で加工面に写ったレーザーラインの線を読み取ることで、表面の凸凹を検出して、欠陥や切欠きを見つけて表示します。

  • 加工表面の鋳巣を0.1mmから検査

  • ラインCCDカメラで高速移動し、広範囲を瞬時に検査 (200×400mmを約10秒)

  • 人の目視による確認作業負担を大幅低減